トップページ > 会社概要

31,500円以上のお買い物で送料無料!

決済は銀行振り込み、代金引き換え、クレジットカードの支払いが可能!

商品検索

メーカー別検索

営業日カレンダー

2015/7

  • sun
  • mon
  • tue
  • wed
  • thu
  • fri
  • sat
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
※カレンダーの赤い部分はメール・電話での対応は休ませていただいております。また土日祝は基本的に制作・発送もストップしております。

2019-11-11

PrePass Monograph in Mathematics
「M77 順像法と逆像法」
テキスト1冊+解説DVD3枚
<特別リングサイド映像>
プリパス「知恵の館文庫」では,新シリーズ「モノグラフ講義録」を立ち上げることになった。PrePass Monograph in Mathematics である。モノグラフとは,ある一つの問題に関する研究を記した研究論文のことをいう。数学の講義のなかでも,テーマ・トピックを絞り込んだ特別講義は,モノグラフと呼ぶにふさわしいので,このように命名した。

 これまで,軌跡と領域については 「変数と図形表現」講義や,「モノグラフM06軌跡と領域」など,何度か取り上げてきているところである。これまで私は「順像法」とか「逆像法」といった用語を講義の中で使わないようにしてきた。その理由を一言で言えば,これらの用語は〈受験業界用語〉であって〈数学用語〉ではないからである。そういった語彙を使うと,業界の方言に染まってしまうような気恥ずかしさがあったからである。
 ところが,生徒たちからしばしば,私が講義をしている内容と,世の受験雑誌や参考書に書かれている「順像・逆像」という概念にはどのような関係があるのか,といった質問を受ける機会があった。私の講義の中でも当然に,対応する概念は(用語は使わないまでも)講義で取り上げているので,自分が担当する生徒たちには少しのフォローでこと足りているのが実際である。とはいえ,受験業界に浸透している語彙でもあるから,改めて講義の場でも採り上げてみることとした。クラスは文系の最上位クラスなので,微分・積分の知識を使わない分だけ,これらの概念が純粋に身につくような講義になったものと考えている。

PrePass Monograph in Mathematics
「M77 順像法と逆像法」
 数理哲人 口述 DVD(3枚)
1〜2日以内に発送予定(店舗休業日を除く)
個数
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • 国際配送